Bond Boat prepares for Osaka

After winning the America’s Cup in 1983, Alan Bond decided to back it up the following year by trying to take the Admirals Cup. Apollo VI (A6) designed by Ben Lexcen and Peter Lowe and built by David Warren, was made especially for the task and was launched just in time for the trials, which were held off Sandringham in March 1984.

1983年のアメリカズカップを優勝したのち、アラン ボンドは翌年、アドモローズ カップに挑戦することを決めた。設計ベン レクセン、ペーター ロウ 製作デヴィッド ウォーレンによる。 アポロ6はそのために造られ、1984年3月、サンドリンガムに係留された。

This is the historical story that current owner Paul Stuart is proud to tell you as he and co-skipper Michael Guthrie prepare Apollo VI for the race from Melbourne to Osaka next March. Back in 1984, A6 won the first race and was then in and out of the hunt for team selection afterwards, finally finishing 4th.

これは歴史的な物語で、現在のオーナー ポール ステュアートと乗員のマイケル ガスリンが来年3月のメルボルン−大阪カップに向けてアポロ6を準備していることを誇らしく語った。話は1986年に戻って、アポロ6は最初のレースこそ勝ったものの、本番では4着に終わった。

“AB’s boys never did race her seriously in anger after the Admirals Cup trials in Sandringham” says Paul. “Instead she was turned into a team sail-trailing boat. AB was toying with the idea of entering the Sydney to Hobart with A6 a few times, (on handicap A6 was a good chance) but instead always the showman, he went only for line-honours. AB sold A6 in 1987. I bought her in May 2006”.

「アランとベンは、サンドリンガムのアメリカズカップ トライアルの後怒ってしまってアポロ6をレースに出さなかった。」とポールは言った。「それどころかアポロ6はチームトレーニング ボート になっちゃった。アランとベンは何度となくアポロ6で、ハンデが有利なシドニー-ホバートに出た。だけど、いつも話題性だけに終わった。アランとベンは1987年にアポロ6を売った。私はそれを2006年の3月に買ったんだ。」

Prior to recent work

Since purchasing the yacht, Paul has been working on a very loose program for Apollo VI. “Basically, I want to sail around world and do all the classic and not so classic yacht races”, Paul said. “A6 is the only Apollo owned by Alan Bond not to have done the Sydney to Hobart, so that one is on the list.”

ヨットを買ってから、ポールはアポロ6のためにとてもゆるい計画を立てていた。「基本的には、私は世界中を帆走したい。それに、クラッシックなレースやそうでないレースにも出たい。」とポールは言った。「アポロ6はアラン ボンドが所有するシドニー-ホバートに出ていない唯一のアポロだ。出たいレースのリストに有ったのに。」

As A6 also was not selected for the Admirals cup team, there’s some unrequented Tonner Cup contests there. “I know A6 is faster now than back in 1985, about 1 knot to windward”, Paul continued, “I’ve seen her reaching over 22kts (for about 3 hours) in 45-50kts of wind so I know she is fast and strong.”

アポロ6はアドモローズカップのチームにも選ばれなかったので無報酬のトナーカップ コンテストに出た。「アポロ6は1985年当時より早い。だいたい風上に向かって1ノット。ポールは続けた。「私はアポロ6が22ノットオーバーするのを見た。45~50ノットの風で3時間くらい。早くて丈夫だ。」

In the last few weeks

Paul said that Apollo VI was a technical write-off when he bought her and this is her second refit under his care. In preparation for the start of the Osaka race in March a lot of work has been done, with a complete cruising interior now fitted, there is still some tidying up to be done but all the essentials are finished. A few weeks ago the mast was refitted along with a polish and paint touch-ups. “It’s still daunting as I am planning to continue sailing around the world after the Melbourne Osaka, so there is a lot more going on with A6 “, Paul said.

ポールが言うには、アポロ6は彼が買った時にはもうボロボロだった。そこで、彼の元で2度目の改修が行われた。メルボルン−大阪カップに向けての準備の多くは済んでいるし、内部装備関係は完了している。まだ少しチューンナップするところはあるけど、重要な箇所は済んでいる。数週間前にはマストも磨いてペイントした。「メルボルン−大阪の後、世界中を帆走する計画はくじけてはいないので、アポロ6にはやることがたくさんある。」ポールは言った。

“As for the Melbourne to Osaka, participating is basically just the aim. We don’t expect anything outstanding compared to the newer and bigger yachts. I think A6 might actually be the most raced yacht in the fleet and also the oldest, not sure there? But she’s so nice to sail fast. She’s well balanced and doesn’t tend to round up when over powered in a gust, just lay’s over more and accelerates, as she comes back up”, Paul said.

「メルボルン−大阪には参加することが目的だ。私たちは、より新しい、より大きなと比較して求めるものは何もない。実はアポロ6は船団の中でも最も古く、たくさんのレースをして来ただろうと思っている。けれど、アポロ6は早い。バランスが良い。突風で持っていかれる傾向がなく更に傾いて加速する。」とポールは言った。

Paul’s co-skipper Michael is is one of the long-term friends and crew of A6. He’s just completed the Darwin to Dili rally on Sue Sea, which came third in the race and will do the Raja Muda and the Kings Cup. Then home to Townsville to help Paul deliver the boat to Melbourne. Apollo VI will start moving down the coast soon and they plan to get to SYC in the first week of January. The guys will use part of their trip to Melbourne as their qualifying sail. “My plan is to do a qualifying run of at least 400Nm from Sydney’s Cronulla Marina to Melbourne’s SYC, That distance works out to be an absolute minimum of 550Nm”, Paul said.

Keel reworked

相方のマイケルは付き合いの長い友人で、アポロ6のクルーだ。彼はちょうどスー シーでダーウィン-ディリを3位で走ったところで、ラジャ ムダ キングスカップに向かうだろう。そして、ホームのタウンズビルでポールがヨットをメルボルンに運ぶ手伝いをする。アポロ6は海岸線を下り、1月の第1週にはSYCに着く予定だ。彼らはその航海を参加条件を満たすために使うつもりだ。「私のプランは、シドニーのクロヌラ マリーナからメルボルンのSYCまでの間の400Nmを資格習得に当てる。その距離は最低でも550Nm有るので。」とポールは言った。

Every skipper has a story to tell about the history of their boat. In the case of Paul Stuart it’s an especially interesting one, with roots back to Australian Yachting Mythology and it’s with an obvious pride in this history that Paul and Michael prepare Apollo VI for the marathon race next year. Paul wrapped up by saying “I was told by a friend who had dinner with Alan Bond, that he was always interested in how all his yachts were going. Right now – I’m just the current custodian”.

全てのスキッパーには物語が有る。ポール スチュアートのケースは特別で、オーストラリアのヨット伝説に根差している。そして、来年のマラソンレースのためにアポロ6を準備していることはこの歴史の中の大きな誇りだ。ポールは夢中になって言った。「私はアラン ボンドと食事をしていた友人から、”僕はいつも彼の全てのヨットがどうなのか気に成っている”と言われた。今、私は彼のヨットの管理主任さ!」

Paul & Michael