Heading towards 2023

2023年に向けて

As we travel out of 2019 and into the New Year, we move another step closer to the next Melbourne Osaka Cup scheduled to start some time in March 2023 and by all indications this next race is set to be a big one.  Just over 12 months ago we invited expressions of interest for the next race and since then there’s been a steady stream of emails. Our list now has over 60 entries with every state in Australia represented and entries from 7 countries outside Australia.

With the Judel – Vrolijk 62 “Chinese Whisper” having won in 2018, it seems like the race to Osaka has fired the imaginations of skippers from around the world, as there are quite a number of larger boats keen to run the next race. We had three Open 40’s start in 2018 but we’re sure there’ll be quite a few more from this class start the next race.

A Notice of Race is planned to be issued before March which will be 3 years ahead of the race start. During 2020, we’ll also start to run feature stories on some of the boats, as skippers ramp up their preparations for 2023. As has been said many times before, you can’t start preparing too early for an event like the Melbourne Osaka Cup.

2019年から新年にかけて、2023年3月に始まる予定の次のメルボルン大阪カップにさらに一歩近づきます。 わずか12か月前にこのサイトで次のレースへの関心があるかを応募しました。それ以来、電子メールが絶え間なく流れ続けています。 現在リストには60を超えるエントリーがあり、オーストラリアのすべての州とオーストラリア以外の7か国からのエントリーが含まれています。

2018年にJudel-Vrolijk 62 (ユーデル・フローリック62)の「Chinese Whisper」が優勝したことで、この大阪に向かうレースは世界中からスキッパーの想像力をかきたてたようです。 2018年には3つのClass40がスタートしましたが、このクラスから次のレースに向けてさらに多くのチームがスタートすることは間違いありません。 レース公示は、レース開始の3年前の3月前に発行される予定です。

来年の2020年には、スキッパーが2023年に備えて準備を強化するため、いくつかのボートに関する特集記事の配信を開始します。これまで何度もお知らせしているように、メルボルン大阪カップのようなイベントへの準備は早過ぎるということはありません。