Just Six Months to Go

With six months to go until the start, things are starting to get busier for all of us involved in the Sundance Marine Melbourne Osaka Cup 2018.  In terms of entrants we have now 29 confirmed and fully paid entrants plus one who is overdue to pay their final entry fee.  There are no boats left on the waiting list, with several entrants withdrawing in the lead up to the June 30 payment deadline, reasons were varied.  There may be room for one or two new entrants, subject to them qualifying and complying and so if you know of a possible entrant, please encourage them to get in contact soon.

It was sad to see Peter and Alan from Last Hurrah having to pull out of the race this last week and the Gibsons “Rattle N Hum III” withdrawing a few weeks ago after Ed’s nasty injury.  While it was an unlucky injury and unrelated to Ed’s race preparations, it is a timely reminder for all entrants to review their own health and fitness.  That will be the topic of our next webinar later this month.  It probably wouldn’t hurt to hit the gym and build core body strength if you haven’t done so already.  We will also be running some first aid sessions in the lead up to the race, personal health and fitness will be a ongoing theme.

Boat preparations should be nearing completion and training is well underway.  For those who view our Facebook page you would have seen the efforts of entrants such as Rod and Tyson Smallman who headed up the East Coast for a shakedown run aboard Maverick and then Rod took the opportunity of a solo trip back.  Sibby had Daredevil out for a major shakedown by heading down to Sydney and then back up north – her co-skipper Jon Sayer joining Sibby for the first time to do the return leg.

We have welcomed Melbourne visits by Steve Ho (Surfdude), John Bacon (Nexba) and Jo Harper (Morning Star) and meanwhile Martin Vaughan has been catching up on his travels around Australia with entrants in NSW, Qld and hopefully WA as well.  Good effort by Adrian and Glenn (Allegro) in the recent Brisbane to Keppel race too.  International and interstate entrants are starting to think about their delivery and qualifier plans and so if you haven’t already, let us know your plans – drop us a line.

We’ve received news regarding the Sat-phone exemption in lieu of HF radio for the event, formally requesting through Australian Sailing.  News of this was published last week in a basic form and full details will be available soon. Some competitors are only just now getting onto stability compliance. If you have yet to address this please do so sooner rather than later.  It is a mandatory requirement of Australian Sailing and hence our race, we have no discretion.  If you have any concerns please contact us.

Behind the scenes things are also quite busy, with everything from designing and creating apparel  to accommodation plans.  Coordinating the race involves organising several major events in two countries, managing support for competitors and families, marketing and communications plus of course running the race itself.  There are a large number of volunteers involved, too many to name but we appreciate their efforts and thank them on your behalf.

For competitors, we look forward to our next webinar which is scheduled 27th September 2017 at 7pm AEST.  The momentum and excitement is building, how good will it be to see you all cross the finish line in Osaka.  We will be there night or day cheering you on.  First job though – is to cross the start line.

Cheers from the Organising Committee and Directors

レースのスタートまで6カ月を切り、サンダンス メルボルン 大阪 カップに関わる全ての人々にとって慌だたしい時期になって来ました。現在29チームがエントリーフィーの払い込みを済ませ、1チームが未納です。待機リストにはボートが残っておらず、理由は様々ですが6月30日の支払い締め切りまでに幾人かの応募者が取りやめました。多少の新規参加者希望者が資格を得る対象となる可能性がありますので、意欲の有る応募希望者を知っている場合はすぐに連絡をください。

さて、エドの厄介な負傷の後、ギブソンの”ラテル N ハム III”が数週間前に撤退したのは残念なことでした。それは不運な負傷であり、レースの準備とは無関係ですが、応募者が自身の健康とフィットネスを見直すことをタイムリーに思い出させるものでした。健康とフィットネスは今月の次回ウェブセミナーのテーマになります。あなたがまだしていないなら、ジムで基礎体力を構築するのは害にはなりません。また、レースまでいくつかのセッションを実行して行くでしょうが、個人の健康とフィットネスは継続的なテーマになります。ボートの準備は完了するはずであり、トレーニングは順調に進んでいるでしょう。

私たちのFacebookページを見ている人達は、マーベリックの慣らし運転のために東海岸に向かうロッドとタイソン スモールマンのようなエントリーの努力を見ていたでしょう。そしてロッドはソロ旅行の機会を取り戻しました。シビーはデアデビルの主だった慣らし運転のためにシドニーへ向かい、彼女の相方ジョン セイヤーと合流して戻って来ました。また、スティーブ ホー(サーフデュード)、ジョン ベーコン(ネクスバ)、ジョ ハーパー(モーニング スター)によるメルボルンの訪問を歓迎しました。そして、マーティン・ヴォーンはニューサウスウェルズ、クィーンズランド、そしてウエスタンオーストラリアからの参加者と共に彼はオーストラリアを回ります。エイドリアンとグレン(アレグロ)のブリスベン-ケッペル レースでの素晴らしい奮闘もありました。

私たちは 以前からオーストラリアン セイリング に正式に要請していた件について、”HF無線の代わりとして衛星電話を認める”という知らせを受けました。このニュースは先週第一報として公開しましたが、詳細については間も無くお知らせ出来ると思いますので、もう少々お待ちください。

いくつかの競技者は今、安全性のコンプライアンスに着手しています。まだこれに対処していない場合は遅かれ早かれ対処しなければなりません、出来れば早めに行ってください。安全性のコンプライアンスについてはオーストラリアンセーリングの必須要件であるので我々のレースにも適用されますが、我々は裁量を持っていません。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

舞台裏では、アパレルのデザインや制作から宿泊計画までのすべてのことで、物事が非常に忙しく動いています。レースの調整には、出場者や家族のサポート、マーケティング、コミュニケーション、さらにはレース自体の運営など、2カ国でいくつかの主要イベントを開催することも含まれています。また、多くのボランティアが関わっていますが、名前をあげるにはあまりにも多いです。彼らの努力に感謝します。競技参加者のために2017年9月27日午後7時(豪東部時間)に予定されている次のオンラインセミナーを私たちは楽しみにしています。

期待と興奮が高まっています。みんなが大阪でのフィニッシュラインを越えているのが見えるようです。夜か昼かわかりませんが、その時私たちは歓声をあげて大阪に居るでしょう。そのための先ず最初の仕事は、スタートラインを越えることです。

組織委員会及び全ての関係者より皆様に大きな声援を送ります。