Provisions aboard Morning Star

The Sundance Marine Melbourne Osaka Cup fleet as always, is a diverse one. At one end of the scale we have entries such as Allegro at a grand 67 feet in length.  We have a number of 36 and 40 foot entries, all designed in the past few years and programed for performance ocean racing.

We also have a very well known and trusted vessel, an S&S 34, Morning Star with co-skippers Jo Breen and Peter Brooks. They’re the first to start on March 15 and the race modelling shows that it could take them 45 days or more to reach their goal. Jo was kind enough to let us come aboard and she outlined what provisions of food water and fuel stocks they have to get them to Osaka.

サンダンス マリン メルボルン大阪CUPに参加するフリートはいつも多様です。長さで言えば、Allegroのような67フィートのロングボートもあります。多くの36〜40フィートの参加艇があり、それらは全てオーシャンレースのパフォーマンスに耐えうるように設計されています。

私たちにはまた、よく知られた船であるジョー・ブリーンとピーター・ブルックスが乗るS&S 34のモーニングスターがいます。彼女たちは3月15日に一番最初にスタートします。そしてレースでは45日かそれぐらいでゴールする見通しを立てています。ジョーはとても親切に私たちを船内に招き入れ、大阪まで持っていく食料や水、燃料のストックについて説明してくれました。