Virtual Get Together

Two years ago in Osaka, celebrations were taking place at the completion of the 5,500 nm double handed race from Melbourne. On Sunday, a virtual get together was organised for competitors to celebrate the event and to say hello and catch up on the latest. All but a couple of the 19 crews signed in to the online meeting and along with a couple of video clips and news about upcoming events, everyone had a chance to tell everyone else their latest news.

Having prepared for the race in Melbourne back in 2018, running the race in a relatively tight group and then spending time together enjoying the famous Hokko Yacht Club hospitality, the 2018 group are really one big happy family. Each and every competitor treasures the experience of this challenging race and some are even talking about racing again in 2025.

In the meantime, it seems as though every year, a get together of one form or another will take place. Thanks to those members of the group who helped organize this years gathering.

ちょうど2年前の大阪では、メルボルンから5,500nmのダブルハンドレースの完走祝いが行われていました。 日曜日には、できるだけ多くの選手が参加し、このイベントを祝い、挨拶をしたり、最新情報を確認したりするためのバーチャルミーティングが開催されました。 19名のクルーのうち数名を除いて全員がオンラインミーティングにサインインして、いくつかのビデオクリップや今後のイベントに関するニュースとともに、全員が自分の最新情報を他のクルーに伝えるチャンスを得ました。

2018年にメルボルンでのレースに向けて準備をし、比較的タイトなグループでレースを走り、そして有名な北港ヨットクラブのホスピタリティを楽しみながら一緒に時間を過ごしてきたこのグループは、本当に一つの大きな幸せな家族です。 参加者は皆、このチャレンジングなレースの経験を大切にしており、中には2025年に再びレースをすることを話している人もいます。

その間にも、毎年何らかの形での集まりが行われているようです。 今年の集まりを企画してくれたグループのメンバーに感謝します。

A compilation video of the 4 starts was one of the clips viewed.

 

Report – Hiroshi Horiuchi & Ian Mac